Affordable Access

Development stage of East Asian SMEs as business entities based on the degree of information sharing

Authors
Publisher
慶應義塾経済学会
Publication Date
Keywords
  • 粗放的労働管理
  • 統制的労働管理
  • 情報共有的労働管理
  • 形式的包摂
  • 従属的包摂
  • 自立的包摂

Abstract

東アジアでは市場経済化・工業化の歴史の若い国ほど, 中小企業の誕生と成長が活発で日本と対照的である。だが, その経営体としての発展段階は, 国民経済の発展段階を反映して粗放的または統制的労働管理の段階にとどまり, 日本の情報共有的労働管理の段階には達していない。市場経済化・工業化の歴史の若い国でも, 中小企業は人材不足という問題に直面しているが, そのような制約を受けつつも労働管理の高度化を達成することが必要である。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.