Affordable Access

kenko jumyo no enshin

Authors
Publisher
慶應医学会
Publication Date
Keywords
  • Aging Intervention
  • Caloric Restriction
  • Insulin Signaling
  • Sex Hormone

Abstract

1. 要旨 2. 人口減少のはじまり 3. 出生数の減少 4. 高齢化社会 1) 現代少子高齢化社会 2) いかに元気な老後をすごすか 3) 老化制御と抗疾患 4) 現在の老化制御 5. 老化制御法開発研究対象の候補 1) 力ロリー制限(Sir2インスリン分泌) 2) 女性ホルモン 3) 肥満と老化 4) 活性酸素 (Reactive Oxygen Species: ROS)・抗酸化 5) 運動 6) 体温 7) 温度 6. 科学的根拠に基づいたアンチエイジング法を開発するために 1) 力ロリー制限模倣剤としての糖代謝制御 2) デオキシグルコース 3) レスベラトロール 7. 抗疾患(広い意味での老年病治療)として 1) 抗肥満としてのプロスタグランジン(SPRM) 2) 肥満としての女性ホルモン(SERM) 8. おわりに

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.