Affordable Access

K. Asakawa: The Origin of tha Feudal Land Tenure in Japan

Authors
Publisher
慶應義塾理財学会
Publication Date

Abstract

K. Asakawa: The Origin of tha Feudal Land Tenure in Japan 餌九飴 . ( 四七 11 ) 批激と紹介 , リ 氏 の 到 達 し た る .結 論 の 當 杏 は 暫 く 之 れ ' を 措 く 。 分 .配 論 の 範 圍 を 以 ヤ 、 地 代 、 賃 銀 及 利 潤 の . 三 I]:嘴 階 級 所 得 に 限 定 し 、 其 比 例 ; 的 » 究 を 以 て 分配 itの本體爲したるこどは 彼 が空 前の 創 見 にして其 11見 の ^ .流を抜くこビ大なをを證す、 るに足る可し。實に" ';!カルド 〗 度出で,我經 濟 學 は 初 め て w a aqe s per head, profit percent. Rent per Acre 以 外 觅 に 賞 要 な る it例 的 分 配 の 存 す る こ ど を 知 れ ぅ ( キ ャ ナ ン 前 揭 書 n ニ ニ 九 頁 ) W氏 の 所 論 は 容 ‘觀 的 柚 象 的 に 論 し ノ 勞 _ 價 値 原 ょ6縯 繹 し て 分 配 行 程 に 及 び た る 結 果 、 實 際 事 實の 說明 に 欠 陷 わ り ど の 非 雛 は 辭 す 可 か ら ざ る \ 所 な れ ど も "今 日 の 分 配 論 に 於 て 取 扱 は る 、 所 一 の も の *多 く は 彼 れ の 與 へ た る 問 題 ビ 3C-雜圍 vj \ をup P へ 椒 經 濟 踢 講 賴 ニ 〇 ic、 デ ー \ / tT . ンル前抱葉ニ f 〇, : ハ耳 j .猜四號 IO 八 The Natonv Wealth ws it'endure ? By L. G. Chiozza M§ ev 千九瓦十四尔 ft双 0 行 .... . 小形ニ货六十四瓦聚京資惯五十錢 ' 欧洲 .大猫戦の %1期 |:於て獨逸, が淇四紂苽伐の雄唂に失敗レ て以來同盟侧並に協阀側は井に持久の笟を餓じつ V あスもの 、如くな .石が、若し架して然りとせぱ各: 交戦國の富ヵ |1戦 # の結 •局 L i 1大影響、 か -及 |?すも 'のなリと ^ はざス .可すらず 0 水 喾は交戰國中に於 K 最 t 富めりとの評め芯英本國の寫カに湖 する線密な石統計的研梵を職せ ?:り o' 奪が本 # の稿^了リ て上梓せる it昨饵の狰期にして從づて蓊游の见地は今次の大 戦胤とは沒交锁 .なるも、蓊漭の引用マる統計敗 .は戰 0 に對す る英國の耐久カ如何 4*知らんと欲マス '逝の發考 |:货すス所め V らず。本書其物め扫的は英國の富の離 _ 联だ節弱なる所以 4.說き て屑 .^^ 锁 _ せん .と.す :^ |^在 ;務^锻跔沒の ^|| は左の如 1 』 T 一英國が民大の甯か决座し之か雜欲するに里リしは近ゃのこ と ^ リ o 西五十尔前には人ロ比較的 |*稀馏にして、锫の產也 振 ftざりしが、十八世紀の後來に於て製钹 _ 業 |-石炭か應用 する! ! ■?? りてムり英國は俄然富國となれり。千九茛七钽に於 て英國 1-X1 ヶ牢 11 約十ー億千ニ诃沉磅の富か產出ぜり 0へ人ロ、 1 人常リニ十五磅 ) 此數字は犁に货物の生席額の原價のみを一 含むものなるが故に、國尻の取入は勿論母れ以上 Li 上れり。一 此镩の .说物の生部 '並に励勞猙 i リ虫ずる總ての收入 it千九: 白 八年 Li 於て約十八億四千四西沉磅に上りわるが"千九百十四 年には多分ニ -十 一 餘磅 U 遨ヤるならん。又 〗 方千九钌十四年 |1於け 5 赏の總額は诃ニ十撳磅 1! 上る灯らん 0 赴れは土地及 ぴ街形資木の似格 |-非ずして英瓜產カ.雜礎ミして算出せゐ 兑込似格たりとす。此外典砬抝地 11 投贷せ, 芯額は十七傯八千 谣磅 r-して、筘他餓外國 U 投资せ芯額は十九傲三干五百茁谤 \

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.