Affordable Access

Die "Ausgewanderte" im fremden Land der Erinnerung : Das Form der Rekonstruktion der Erinnerung in den Werke von Sebald, Boltanski, und Reich

Authors
Publisher
慶應義塾大学藝文学会
Publication Date

Abstract

記憶の異郷の『移民たち』 : ゼーバルト・ボルタンスキー・ライヒに見る記憶の再構築のかたち 記憶の異郷の『移民たち』 一一ゼーバルト・ボルタンスキー・ライヒに見る 記憶の再構築のかたち一一 江面快晴 0 序 作家ヴィンフリート・ゲオルク・マクシミリアン・ゼーバルトは 1944 年バイエルンの小さな村ヴェルタハの農家に生まれ、イースト・アング リカン大学で独文学を講じるかたわら散文作品を発表した。彼は 2001 年 に自動車事故で死亡したが、ノーベル文学賞選考委員の一人は最近「ゼー バルトは現代ドイツの作家の中で最もノーベル賞に近かったJ 1 と述べ た。 ゼーバルトは創作において写真を散文を同時に用いた作家の中で最も 成功した一人であるが、この成功は単に文章にふさわしい写真を選んだ ためだけに得られたものではない。写真はただテクストを解説する視覚 的補助としてではなく、失われた記憶を再構築し共有するための独立 した構成要素として読者に示されている。ゼーバルトの散文作品群の既 存の形式から離れたところに独自の構成を目指す姿勢はジャンルを超 え、記憶を再構築する形式の創造を目指す写真家ボルタンスキーや、ス ティーヴ・ライヒのミニマル・ミュージック作品『デイファレント・ト レインズ』を思い出させる。 『移民たち一一四つの長い物語Jl 2 はゼーバルトの作品群の中でも特に 記憶の再構築が多彩な形で現れた一編である。この作品の主人公たちは、 ??? ? ? 異郷にある人々の過去に対する執着、死との対峠という一貫した背景を 持ちながら四人それぞれがその記憶によって打ちひしがれながら死と共 に生き、記憶に由来する静かな苦痛の中で死んでいく。しかし死者たち は死んだままではない。死者たちの記憶はテクストと、テクストの中に ちりばめられた写真の力をもって普遍化された記憶に転換され、読者の 中に入り込んでくるのである。独立した構成要素でありながらテクスト に溶け込むのではなくそのなかから立ち上ってくる違和感が彼らを復活 させる。 ?? 死者の記憶と写真 バヤールは 1839年の発明とほとんど同時に写真によって死を表現し ていた。 1840年に彼は自らを溺死した人物として撮影している。 19世 紀の人々は亡くなった親戚のデスマスクの代わりにまるで、眠っているか のように安らかな様子で収められるのが通例となっていた写真を撮るこ とに早々と商機を見出している。死者ばかりでなく生者の家族写真もま たそのアルバムが文学作品の導入として用いられるのが陳腐に感じられ るほどに普及していた。3 ゼーバルトの散文作品群は全てその性質を備えているが『移民たち』 において写真は特に死者の記憶・記念と結びついて頻繁に登場する。パ ウル・ベライターの物語においては特にアルバムが重要な導入部を担っ ている。 その日の午後、私は前から後ろへ、後ろから前へ、幾度となしにア ルバムのページを繰っていた。そしてそれからも、くり返しくり返 しひもといている。あのときも、いまも、そこにおさめられた写真 を眺めるにつけ、死者たちが還ってくるかのような、あるいは私た ちがいまにも死者たちの仲間になろうとしているかのような心地に させられるからだ。4 ??? ??? エレノア・ヴァハテルによるインタピューでゼーバルトは死者と写真 についてこう述べている。 だから私は死者たちと瀕死の人たちを、ず、っと以前から身近に、生 きている人たちよりもはるかに身近に感じてきました。私は心の奥 ではこの人たちは本当は死んでいなくなってしまったわけではな い、と思っていたのです。そうではなくてただどこか私たちの生を 取り巻いて空中に漂っており、私たちの元へちょくちよく短い訪問 をするのだと。そして写真は私にとってその人たちがどういう人た ちだ、ったのか、特に私たちの元にもういない人々がどうあったのか を表してくれる形式です。写真は彼らがもう(この世に)存在しな いにもかかわらず、こういったある種の霊的な存在がどのようなも のだったかを提示してくれるのです。興味をそそるものではありま すが、私はにとってこれらは神秘とか秘密といつわけではなく、も のを見るためのまったく古拙な方法の名残りなのです05 ゼーバルトにとって写真は生者と死者の間にあって互いの橋渡しをし てくれる一つの場である。彼の散文作品群における喪失の体験は彼の家 族についての物語ではなく、報告されることは時に知り合いについて だ、ったり全く会ったことのない人についてだ、ったりする。ゼーバルトは 第二次世界大戦を体験していないが、体験した人との感じ方の隔たりを 心的外傷体験と同じくらい苦痛に感じており、この未体験という解放状 態がはまたこれら人間的苦痛

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.