Affordable Access

保育学生による地域子育て支援の取り組み -2012年度活動報告-

Authors
Publisher
就実大学, 就実短期大学
Publication Date

Abstract

『就実論叢』第42号 抜刷 就実大学・就実短期大学 2013年2月28日 発行 松 本   希 ・ 柴 川 敏 之 澤 津 まり子 ・ 鎌 田 雅 史 田 中   誠 ・ 秋 山 真理子 Z.山 田 章 子 ・ 笹 倉 千佳弘 山 根 薫 子           保育学生による地域子育て支援の取り組み ─2012年度活動報告─ A Community Parenting Support Program by Students in Early Childcare Practical Training School: A Report of the Activity 2012 −161− 保育学生による地域子育て支援の取り組み ―2012年度活動報告― A Community Parenting Support Program by Students in Early Childcare Practical Training School: A Report of the Activity 2012 幼児教育学科 松 本   希 柴 川 敏 之 澤 津 まり子 鎌 田 雅 史 田 中   誠 秋 山 真理子 Z. 山 田 章 子 笹 倉 千佳弘 山 根 薫 子 はじめに 本学幼児教育学科では、子育て支援を目的とした学生ボランティアグループGBA(Girls and Boys Be Ambitious の略、以降GBAと記す。)を結成し2012年度で7年目を迎えた。G BAの主な活動は「就実やんちゃキッズ」の開催で、過去6年間の取り組みについては既に 報告済みである1)2)3)4)5)6)。 昨年度の課題として、1)学生間のグループ編成、2)プログラムの改善、3)増加する 参加者への対応と安全確保、4)インターネットを介した本活動の情報発信の4点をあげた。 もう少し詳しく説明すると、1)は柔軟な発想による、学生間のグループ編成人数のばら つきの解消、2)は子どもだけでなく全ての参加者が一緒に参加できるようなプログラムの 構築と原作の改編や著作権への対応、3)は参加者の増加傾向に伴う交流広場の動的な遊び の場における安全確保、4)はインターネットを介した「やんちゃキッズ」や子育て支援の 情報発信や参加者の情報交換の場の提供、ということである。 本報告は、上記のような課題解決を念頭においてすすめた、2012年度の地域子育て支援の 取り組みについて、経過及び結果をまとめたものである。 −162− 1 活動内容 1)「就実やんちゃキッズ 〜きてみてあそぼうでぇ〜」 「就実やんちゃキッズ 〜きてみてあそぼうでぇ〜」の実施は今年で5年目を迎えた。年間 の活動回数は昨年と同様の9回である。例年通り「やんちゃキッズ」は、前半はパネルシア ター・リズム体操・オペレッタ・手遊びを行い、後半は様々な遊びを行うことのできる交流 広場で構成している。公演内容及び参加人数は、表1に示す。 表1 就実やんちゃキッズ活動内容 日 時 公 演 演 目 参加人数 学生数 第1回 4月21日 パネルシアター「いぬのおまわりさん」 リズム体操「エビカニクス」 オペレッタ「大きなかぶ」、幕間に手遊び、交流広場 大人 165人 子ども 187人 64人 第2回 5月26日 パネルシアター「ドコノコノキノコ」 リズム体操「ドンスカパンパンおうえんだん」*健康・保健関連 オペレッタ「さるかにがっせん」、幕間に手遊び、交流広場 大人 181人 子ども 192人 82人 第3回 6月23日 パネルシアター「あわあわ手あらいのうた」 *健康・保健関連 リズム体操「生きてる生きてく」 オペレッタ「むしばなんてやっつけろ」*健康・保健関連 幕間に手遊び、交流広場 大人 225人 子ども 231人 80人 第4回 9月15日 パネルシアター「にんじん だいこん ごぼう」 リズム体操「もったいないばあさん音頭」*健康・保健関連 オペレッタ「ももたろう」、幕間に手遊び、交流広場 大人 238人 子ども 261人 39人 第5回 10月27日 パネルシアター「いぬのおまわりさん」 リズム体操「サンサンたいそう」*健康・保健関連 オペレッタ「おおかみと7匹の子やぎ」、幕間に手遊び、交流広場 大人 127人 子ども 145人 45人 第6回 11月17日 パネルシアター「コンコンクシャンのうた」*健康・保健関連 リズム体操「ぼよよん行進曲」 オペレッタ「かなちゃんは歯、大丈夫? −歯磨き習慣を身につけましょう−

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.