Affordable Access

The break-down of Genteel tradition

Authors
Publisher
慶應義塾大学文学部藝文学会
Publication Date

Abstract

Genteel traditionの崩壞 cmPRo -叶同 1mm 凶片岡山 op の崩壊 安 原 基 輔 〔本論文は一九五七年前期、慶臆義塾墜事振興資金による研究、「雨大戦中間期の米岡小説ーーーその枇曾準的、思想史的研究」の一部である。〕 ? 63 ー 雨大戦中間期米関小説のもっとも顕著な特徴の一つは、常時の米闘は質際には堅貨な進歩と向上のあゆみをつづけてゐたにもかかはらず、大多数の小説家はもっぱら米関文化の倣賄、くらい一面だけをとりあげて、それを強調した黙にある。かれらのゑがきだした米 関人と米閣の枇合は俗語低劣であるか、欺耐と不徳、享柴と犯罪、搾取と賛同とにみちあふれた社舎であったやうな印象をあたへる。そして、このやうな作品が、年代順にいって吋 za 。日ロ 52q を筆頭に、。 022 含∞宮町ロ ow 国- FZgnwgL 。HMロロ BEgs 等 の非アシグロ・サクスン一米民族出身の批評家、思想家、作家の影響のもとにつくられてをたといふ事質こそは、われわれがもっとも注目して、その成因の究明に努力しなければならないことである。 国 g ミ poozn 。白日目指 R はその原因として、米闘の経済的議展があまりにも念激で、作家がそれに追従していき、それを理解す ることができなかったことを考慮してゐるが、 ω 西洋文明の否定、組阜の表白は・貨は第一次世界大戦後のヨ i ロ yパに共通した傾向で、 一九二 0年代、三 0年代の新進作家は冨巳- RB 小〈常 EEppog グロ 52 守ヨ ω、司円。怠 wH ロロ mvE 己。ぐといったヨーロッパの詩人、 小説家、田 ω怨家の影響下につけゃな」ばをふりかざしてゐた感がある。まったく戦一耐のそとにあって、戦時インフレによる好長気を謡歌 してゐた米闘の附内情勢をかんがへると、一九二 0年代の小説にくらいかけが濃厚なのは一つの矛府した現象である。一九一一一 C一年代に は経済界の大恐慌や桐軸一一一凶の策動による同際聯関態勢の崩壊と戦宇の不安とがあったけれども、一一 0年代には先様なものは全然なか った。米閥人の一部少数のものがヨーロッパの戦耐を H撃したり、ちょっぴり戦争を経験してを」たり、あるひはヨーロッパ人の作品を 讃んでみて、それらをもとにしてつくりあげたのが二 0年代の文型作品であり、時代思潮の傾向であった。それで mE 己巳門戸。当日 ω の 調刺も出 ogzm 向者 mq や斗 F052 君。目。ゃロ oω3ωω 。ω の一必欝も∞ gzERmogE のソフィスティケイションも不徹底なものであっ た。二一 0年代にでた司 RE --wn 巳仏君。- rωzzg のW の作品の方がふかみがあるのである。にもかかはらず、そのやうな一一胞のあそびの 文惑が首時の米闘の知識人の喝釆を博したのであった。上記の非アシグロ・サグスン一米二世辿中の人世捌祭の態皮がまたこのやうな時代の傾向とよく一致してゐた。かれらの父母または祖父母は新来の移民としての ES ちゃ zo 認。己 gg の貧民術で貧苦の生活をおくつた。それでかれらはその幼少年時代を米闘の政 治・経隣活動の幽外にあって、米関内の具分子として、米関の社合活動そ批判的なつめたい限で制察 L・分析し、アングロ・サグスン の停統、ことにその mgg 巳可 ω丘民 Oロとよばれるものの虚偽を別扶することができたのである。 一九二 0年代の米凶小説の特徴としては、体統への反抗、ふるい文型形式の放棄、絶望の表白、性欲描おり出骨化とまではいかなく ても、作中における機愛の主要性の増加、祉合小説、心酔小説の強生等がかぞヘられるむであるが、卒中 L位の様式そのものは依然として 5mwrs 乃至ロ ωZSF 自のそれであって、内容の拙からみても、一九二 0年代になって突然にあたらしいものができあがったのでは ない。にもかかはらず「まよへる世代」(寸 ZF 。旦の 82 丘一。ロ)の E又唱が具常にぎわだってみえるのは、それが二 O世’紀最初の二 O 戸。。 55mmmwF 出。ロミ ωZ 巳 OH dE 〈ogrM1 司円 mwmpH ゆ叩()@ 叫apmwh 遣問、常 hH噛H-b.噛同門戸の}戸川凶 3 ・凶同- E1 門FoFH 件。吋凶昨日・ゆえ問。〈 o-q . H】・

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.

Statistics

Seen <100 times
0 Comments

More articles like this

Breaking down EMT.

on Nature Cell Biology July 2008

Breaking down walls.

on The virtual mentor : VM 2008

Break-down of tolerance.

on British medical bulletin May 1976

Another way to break down

on The Journal of Cell Biology Aug 07, 2002
More articles like this..