Affordable Access

扁桃細菌叢の検討

Authors
Publication Date

Abstract

3年間に口蓋扁桃摘出術を行った128名を対象に,扁桃表面陰窩,および実質深部での細菌叢に関して検討を行った.習慣性扁桃炎では,扁桃実質深部におけるS.pyogenesの検出率が高い傾向にあった.IgA腎症では,扁桃深部実質の細菌検査でH.parainfluenzaeに加えNisseria sp.の検出率が有意に高い結果が得られた

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.