Affordable Access

小泉信三著 経済学説と社会思想

Authors
Publisher
慶應義塾理財学会
Publication Date

Abstract

小泉信三著 経済学説と社会思想 • . '第十四猞 n. 六四 11) “ 新刊紹介 , ' ;傾 1 す .べ袁意見る云 ^ ざる可から^。 , . . : ゥ.之を: 耍する ^ 本寄は該 W ど © 密 6■確とに於 . . .て ^ ど比類な .&產物なり。 >〕 れを絕後ど云ふは 輿は. 穩當ならざる, べし、. 」」 れ , * 空前の著ど稱す . る ..« 斷じて不可なきな: 4 :°本書ょ b 或物を削る 」 こ 4 は: 成は能ぐする人あらん、之に更に何物を 'か加: ふるねぞに由て其價値を高ひるこせは斷レ ••,て; 不可能なぅビ信, す、これ本 # が資料の鸾集に . - . , 於て 1 おの水準に達せるこ e を意味するな ^V。 , .: .( 試みに著者が綿密を喜ぶ事の ® し ^ 一 例を擧 :: へ^ んか、 ., ソナム。 : ぺ ; : チィの '事を ^ す .^赏 .ゥ.て £1i 1く、 「 此偉大なる經濟論者が足部. の壌痕を病みて .■ ■一 .聖 James '寺院 ^ 對立せる Piccadilly の居宅に ‘永 | 眼せ .る.は: 一 千六 • .l. l八十七年十 l ir' 十六 0 夜の事 '次 -^ :0彼が ¥ 六ぢニ十三 .年五月, 一 . }十六日午後: . : 十 . ., 一時四十ニ分五十六秒 ^^ 河畔な奋ぽ #- s :#e : の: | 小都市ぎ 34 に於, て織染を職 .ビせ . . : ■ 第十 . 1 .號 | :四0 る .I の第三子ビしで«々 の ® を揚 : げてょ、 か年を享くるこビ玆に六十有四なり 」 ビ ( 七 ..ブ w f/b L;'て ^ 柩, 敎授がリ本人にし .て常^ . 日 本に f 1:( 一 年の滯歐期間: の外 ) この. 材料蓋 集し且つこれを整理し得た: るこビを « みるビ: き . ; 拉敎授. の業續の光輝は愈大 f ビ せざる nrから ' t o 此書は吾人に敎ふるに西洋の材料を以て贿 ; .洋の 4'を論するに西洋學者必しも恐る、^€ら .さるの 1 事を以てするものな ^ X なり o ,. 前述の理由にょぅて評者ば急ぎ此一文を草し tebvo 讀者幸に紹介文の長 ^ を以て股著の ^ 砼 の尺度 W なすこと ^ れ ( 十月十八: IX、 小礙 ^ 三 ) :|| 「 經濟辱說と社會思想 」 .. • :.’. 斯京國 .文堂帶诉發行: . /'近 1!1: 社會主義の經濟珊 .論ビ: 止銃派の雛濟學匕 は何れの點に於て交涉ぁ: るや、 . 換言すれば近世 社會主義は 1£統派の § ょ & 何を學びしやの間: 題を價値論地代 ■ 、 2 論夂 « ホ «^ 論の 0 ネヾ 而, ょ -Cv 究明 .せん ^ するの ^ 主. として本著の目的 ビする處である o .. .»R 著者が 「 m に角、人が人の勞働を搾. 収す るこ '^>'^ 不當ビする ^ 想ば社會主義思想その者; ビ 殆 w 同じ樣に古い毛ので一ぁつ .て. 、同時に今日へ に於ても、 .殆どルべ て の社龠主 ^^ の現趾會 へ^ « する批評 0: ニ論: 據ビなづ V 居 」 ( 寅 -K): ど云は ' れた如 < 近世的資本免義にょつ V 築 & れ代社會: : ■紙織に對する社#主義的批判の根本的基礎は換へ 取のニ宇でぁる、換養すれば勞働せざる階級が 勞働する踏級 0 勞办を搾収する .點^存するので ぁる、而して歷史的に; 搾取說を考察す .る時は 、■ ’我等ば其處 el 一 個 : の類別の#するを認むるので ぁる、即ち策一の搾取說は其の偾値說> 」 何等の , 關係を有 .せざる場合で .第一 1 の說ば寧 ^ 之れに: 反 , 第十四猞 2, 六四 § 新刊紹介 ..': し て或種

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.