Affordable Access

Wagakuni no kinyu shisutemu to shijogata kansetsu kinyu : ginko no saiken joto ni kansuru ichi kosatsu

Authors
Publisher
慶應義塾経済学会
Publication Date
Keywords
  • 金融システム
  • 市場型間接金融
  • リレーションシップ取引
  • 債権譲渡

Abstract

金融技術革新や情報技術革新を経て, 我が国の金融システムは変貌を遂げてきている。本稿は, 金融システムの変化を踏まえて我が国における市場型間接金融, 特に銀行の債権譲渡の位置づけを行うことを目的としている。我が国の資金の流れが銀行中心であり, 成熟経済においてはより厳密なリスク評価とリスク管理が必要とされることをまず再確認する。このような経済のマクロ的な環境の変化に伴い, 金融の在り方も従来の銀行中心のものから, その他のチャネルも使用する複線的なシステムに移行することが望ましいことが指摘されている。しかし, 銀行中心のシステムを市場を通じた資金の流れも活用していくシステムへ移行させることは, 言うには容易いがその実現は一朝一夕には達成できないことが予想される。まずは市場の整備が必要になるが, その整備も長期のスパンで行っていく必要がある。したがって, わが国が現在銀行を中心とした金融システムにあるという前提に立つと, 複線的なシステムへの移行期の姿として銀行の債権譲渡の活用が浮かび上がってくる。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.