Affordable Access

ontribution of Chiba University to Advances of Medicine:art Ⅱ Organ Transplantaion and 21st Center of Excellence Program

Authors
Publisher
千葉医学会
Keywords
  • Ndc:490

Abstract

Ⅰ.臓器移植  臓器移植は癌と並んで外科の二大テーマです。  第 2外科は臓器移植において日本のパイオニア としての役割を果たしてきました(表 1)。1964 年に中山恒明先生は日本で最初の異所性の死体肝 移植を行われました。異所性というのは,肝臓を もともとある場所ではなくて,大腿部に植えたも のです。コロラド大学でスターツル教授が世界で 初めて肝移植を行ったのは1963年で,中山先生は その翌年にこの手術を行われました。  1968年に佐藤教授と岩崎講師は日本で初めての 同所性の死体肝移植を行われました。この 2つの 肝移植は,ともに肝臓を脳死で摘出したのではあ りませんので,岩崎先生に伺ったところでは移植 時に肝臓がすでに臭っていたそうです。痛みかけ た肝臓を植えたわけですから,移植が成功するの は難しかったと思います。  腎移植は1966年に生体腎移植第 1例を成功さ せ,1968年には死体腎移植に成功しました。こ の患者さんは日本で最初の死体腎移植長期生存例 で,20数年生存し,皮膚癌で亡くなられました。 この頃の10年間は,死体腎移植は日本では千葉大 学だけしか成功しないという状況でした。  2000年に第 1例の生体部分肝移植を行いまし た。同じ年に,日本で臓器移植法案ができてから 第 5例目の脳死腎移植をさせていただきました。 2004年には生体部分肝移植第 8例目を実施させ ていただきましたが,この年の外科の診療科の再 編によって,肝臓はわれわれの外科の領域でなく なったため,肝移植のプロジェクトは終了としま した。  われわれはすべきことはしなければいけない し,しないほうがよいことはしないという考えで す。  臓器移植には 2つの課題があります(表 2)。   1つは移植する臓器が提供されることです。移 植臓器がなければ臓器移植はできません。  日本では臓器移植法案ができて,現在まで10 〔千葉医学 83:123~ 132, 2007〕 〔最終講義〕 医学の進歩・大学の貢献 ― パートⅡ 臓器移植・21世紀COEプログラム ― 落 合 武 徳 (2007年 3月19日受付) 千葉大学大学院医学研究院先端応用外科学 Takenori Ochiai: Contribution of Chiba University to Advances of Medicine: Part Ⅱ Organ Transplantaion and 21st Center of Excellence Program. Department of Frontier Surgery, Graduate School of Medicine, Chiba University, Chiba 260-8670. Tel. 043-226-2110. Fax. 043-226-2113. E-mail: [email protected] Received March 19, 2007. 表 1 臓器移植は癌と並んで外科の二大テーマ 第 2外科は臓器移植の日本のパイオニア 肝移植 1964年  日本初の異所性死体肝移植 (中山恒明) 1968年  日本初の同所性死体肝移植 (岩崎洋治・佐藤 博) 腎移植 1966年  第 1例目の生体腎移植成功 (岩崎洋治・佐藤 博) 1968年  死体腎移植,日本初の長期生存例  (岩崎洋治) 2000年  生体部分肝移植 第 1例 (落合武徳) 2000年  日本第 5例目の脳死腎移植 (落合武徳) 2004年  生体部分肝移植  8例実施       外科診療科再編により肝移植プロジェク トを終了 2007年現在  生体腎移植  48例        死体腎移植 130例 124 落 合 武 徳 年近く経ちますが,脳死者からの臓器提供は100 例ありません。そのために日本では臓器移植は肉 親からの生体臓器移植に頼っています。臓器提供 が少ないことは社会的な問題でもあります。この 新聞記事は2000年 3月に私たちが日本で第 5例目 の脳死腎移植を行った時のものです。「手順熟達, 自信の執刀」外科医として嬉しい見出しを付けて いただきました(図 1)。  臓器移植のもう 1つの課題は拒絶反応の抑制法 です。1960,70年代の拒絶反応抑制法はステロイ ドとアザチオプリンでしたので,その効果は不十 分で,腎移植 1年後の生着率は50%,世界的には 肝移植を受けて 1年後に生きてい

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.