Affordable Access

On the Formation of Time Consciousness in Modern China

Authors
Publisher
文教大学
Publication Date
Keywords
  • 近代中国
  • 時刻制度
  • 時間意識
  • 時計

Abstract

中国近代における西洋型時刻制度の浸透、それに基づく時間意識の形成は、中国の近代化を論ずる上で重要な問題であるにもかかわらず、従来ほとんど手つかずの状態にあった。 本稿では、西洋型時刻制度の中国近代における浸透の度合いを、当時の知識人の日記に見える西洋型時刻表記と、中国最大の新聞『申報』に載った時計の広告から考察した時計の普及度とから推定し、それに基づき時間意識形成の問題に一つの仮説を立てた。 その結果、次のような仮説を得た。清末には、一部の知識人の間にのみ西洋型時刻制度が浸透し、それに伴い時間意識の変化、即ち西洋型時間意識の萌芽も現れてきたが、中国の知識人全般に西洋型時間意識が生まれ始めるのは、陽歴に改暦され、西洋型時刻制度が定着し始める、民国期、特に1910年代半ば以降を待たねばならない。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.