Affordable Access

Energy Generating and Absorbing Characteristics of Knee during Standing up

Authors
Publisher
青森県立保健大学健康科学研究センター研究開発科雑誌編集専門部会
Publication Date
Keywords
  • 起立動作
  • 座面
  • エネルギー量

Abstract

座面の角度を水平と前方傾斜5度に設定した2種類の椅子を用いて、健常者の椅子からの起立動作を計測した。収集された運動データ及び力学データから膝関節の関節モーメント及び関節パワーを計算し、その出現様式を示した。さらに関節パワーを時間積分してエネルギーの放出量と吸収量を計算した。その結果、前方傾斜した座面からの起立動作では、離臀直前の体幹前傾を制動するための膝関節のエネルギー吸収量が増加することが示され、離臀直前の膝関節の力学的負担度が増加することが示された。

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.