Affordable Access

セイモア・メルマン 棉業南部に於ける産業革命

Authors
Publisher
慶應義塾経済学会
Publication Date

Abstract

セイモア・メルマン 棉業南部に於ける産業革命 ノ - H 货 ,# 霉 I ,.ま _ 十 ® ♦ 十 -j 號 ,+ , : 狹さ 」 、, 独诹 ;ボ^擦不屈さヽ斯業土 <(7 )鬼識、 1贩寶術/‘艰能な. 汎,济をー^^す名组洛 "/J、 fl限の委 ^.、動く^^中でのt實 さを起させる能力, 缔である . 。之等を一分に^え石^は. 界易でな いが、 ,然し之等のぅち缺对る --%のが廣い码觅靈行者として失 學る。 , ドマスデ -^ ンの如き例#を除けばヽ ,: ド•フォレ やへッセンデンの版く、, 幾, つかの之等の' 才能を布して. いても、 ' -發明家と肇身^じやの- 才^か同時^^かだ^い^ぶ鳅は少 . ぐセい 1?かのマルハ rrr「 も冬くの才能を布して /^たが、そ /^で %■; ,8^とし :T‘ は最初は朱敗して, • いる c ’ •, ' 第 11 次產_ 命を迎ぺて、 , 师れの讓にも新な創造か昏既の .可能他が滿ち滿ち ‘てい, る。 ‘ ‘ 「 見聞の趿い經營 」 .3 に- はあらな い〈 止業 :! .の時, 益は、翁的な縣卿ゆなド 、 r科學的 t s j - が 出现ヰなら扃が 5. 其は仲々難し 1いダ1 の§ 的簡 # ‘ は、滷切な吨彻に新な露化加わる能カにょつて認められ酬ぃ られるであろぅ?魄の, 出な仕 ^ は ^^ の艄をとる事で ‘ある 。 ^ の命槳の色々の, 前欠影響を與 ‘え. る腐输を十分知つておぐ爲には が必缌である。爷して生 f i ^.hM 格の關係の ^ 5gは彼 の部下に要ねてじまつてょい。, , 芦 ぶ ニノ :'-:‘" ' t l * , \ 1. セ, イモア •メル .マン ' , y . ' •■■ . .f« 業南部に於け 1 產業革命 j ' V • V . c s ® sy m o u r M.eisa -t/7 > " A n ‘I g ;d s t r ‘i a l R e v o l d t i o l l f n c t-' tr-.e ■ c . at - s: . H i s t o r y - . R e v i e w . v . s s ! c02 I d ' ' ■’ 七 .四 ( 七〇〇 , > . . ‘ S e r i e s , . , v o k 2 , . K o * i , ¥ CTT^MV ••' ぐ ' . •■ ,% 籠業 班^ ■ 來洛篇氣 'r於てはい封蘭農闽の熬を打 破 . ヵ顧麵本在義が脑倒的' .成^りっっある ,0奴隸制に代って行 われ ‘次從來め寻江的な成培法ネ小作制度も、今や機械とそして 肩勞 p . 者に依つ て.观つ <:代わられょ 5.としている 0、 耻も. その變 苹が '南北戰 ^ 後に属ちれた外部から '^ 强制に依 «?> :も .の . では無 く、 、 .農闽迪自身 ’ ^ f で自资: g-U 行, われで必 が _ は敗目に做 ^- る,低い市場價格- に麗へず爾迪される傾的にある彼等は、從凇 , , の连產性の低い手 1的勞 -«か~ら拔け出し、その H_化の爲卜务 力する必迪に迪られた粆であ ‘る。 , 疋に ‘南部 業^は^布產業革命 の唯中に茌ケと' いって, ょい。パ, ’■,, ン、 ,# しと .の變軍が ^:^ な .の^ ^^ 考えられ气 11犬 pKつ讓な ユ業化' を骨劃す .るには先ず卿^な技漸及市場め研究が必驳であ る。それに ^ えて米國下 •院農業委員會樣 r 九四: 七年六月 r 麵 :) : :.: : 、!◎ 還 ^^|^| 匿舊 1 藤 _ め裏 : . 通感 ^

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.