Affordable Access

鯖田豊之著 封建支配の成立と村落共同体

Authors
Publisher
慶應義塾経済学会
Publication Date

Abstract

鯖田豊之著 封建支配の成立と村落共同体 證め t ちにもた ^ された 」 :.. ' -と ,1,;* い各が > *'':: 本書; の主: 題 ^ な ^ チ: H : . A バレンと -ハ I デイ ^ .関述づけ 'るた办に 'は r 何ょ, りも一方は南アフ リヵにおける侵略戦争の張本人であり、帝国主義者であ 1 、他方は ' イギリスの社会主義者の, なかで、もっとも徹底的にこれと闘い、反 戦的立場と社氣主雜を擁讅した熱烈な平和主義棄で ^^ たとい }* 味においてあきらかに対照的であった点とそ、問題にすべきではな かったろぅ: が。 .'' ', だるほど著者は、. 『 イギリス資本主義の変容といぅ 十九世紀末を背景にしで '.'V. 先鬼者 政 ョ : セ ー : フ . ;チエ: ムバ .レンは ^^ ^ : 義 .体 .制の補強を: 試 'みた 1,0 同じ: 背景の .下に、 'ヶァハ i ディは .信仰に . 近い樣熱を知っ ^^^ 体制運胁ち女 ^^ したデ爾者は東ざに ^^ 駆; 者 * -:であっ: たと 〉 い; 免ょ 'ヶ 』 : として、体制 V 反体制とい: ぅ视点か e >;両 者を 同 ::『 0 .'次元にお .いで杷撞 1.': て V Aをのセ .あるが : r い ■ で %': 'なく これをそゴ帝国主義办推酿对帝国主義反外といラゴ人の思想的立場 の相異を、 ‘もクとも具体的に ■あら .わすものでぉち ^ -さ ^- め ^ こそ強調されなければならない。その意味では、この研究. . の ライ ト • モティーフ ■はあく, までも帝国主義でなければならないと思う? こうした認識 .の上 .に立って、 .十九世紀後半のイギリス■ 政治史をみる とき、 .チ . H ム 、 'ハレシのイギリス帝国主義史上 .に, おける無視しが. たい 役割、 'ハーデイの社会主義運動におけ | >囊じだ個性が、 ,はじめて きわだった対照をなして 、' 生き生きとしてわれ. われにせま 0 てくる のではな .か: . .ろ y. か 。- .筆者は経済学を研究する者の立場から、, ぎ .わ .めて無膜: けな批判を 試みた。著者の御寛恕を祈るもの .で .ある。とくにケ; 7 :, ハーディ. に つ V ' ては、紙面の関係でほとんど著者のいうと .ころを紹ダせずに終 .ったが、チ H ムバレ .ン, についての著者の研. 究には大いに啓発された じ、学界に禆益するところ非常に大きいと考える。 : . 関連した分野を 専攻す ( る: 者と、 1>て,: 著者の: 今後の御研究の発展を期待するものであ を。 ' -( •^ 閣へ .. 昭和 3 七年八月刊,入 5 ,ニ七六更 * :九 00 円 >^ 、新く刊紹 . 介 細藤寛 :'.. 原 ' :''業著一 . 丸尾直美■ ベ . .■ : . : :v : ,5 ^ っ '.一『 現代経済政策 0 理論 .'; : : ぺー -5: — — 成長 .'.安定 .• 平 ^ :! 』 一 .. ^ - ■ .':'-• . . ■: ,: ,こ の ?;! は近時そのタフな活動力をもって相 つ . で労,を発炎している経済政策トリオの 最近作てあるが、.経済政策に関する基本的諸 問題を取扱っており、,とりわけ現代の経济现 . :論 . .の; 政策的適 ;1] を試. みると, と .もに、 .そ. の適用 におけ: る . 度^, 的,発展段階的考虛をなす点に おい; て特色をもづと考えられる。まず第一章 においては 'i &策論に 4 0 :て ® :% 逭耍 ^ つ基礎 . 的な政策目的設定 .の _ 性 ^^ 叫し, '統: . .ー「 的一 ■•iflli 値目標の形成過程を論ずる

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.