Affordable Access

Le rapport et l'avant-projet de texte par le groupe de travail relatif à la réforme du droit des sûretés en France

Authors
Publisher
慶應義塾大学大学院法務研究科
Publication Date

Abstract

作業グループの紹介 改正の基本方針 改正の概要  Ⅰ. 担保に割り当てられ、かつ指導原理に基づいて展開される民法典第 4編の創設  Ⅱ.人的担保(第1章)   A.保証〔法〕の改革    a.民法の現代化    b.自然人である保証人の保護    c.保証の実効性の回復   B.実務から発生した一定の人的担保の承認    a.独立担保(garantie autonome)    b.経営指導念書(lettre d’intention)  Ⅱ.物的担保(第2章)   A.動産についての担保(第2-1章)    1.動産先取特権の順位についての基準の規定    2.有体動産の質権(gage)の改革     a.占有を奪わない合意による一般化された動産担保の創設     b.質権の〔設定〕対象(assiette)の拡大     c.実行方法の柔軟化    3.無体動産質権(nantissement)の現代化     a.債権質権の改革     b. 預金通貨(monnaie scrupturale)及び金融証書(instruments financiers)の質権の承認    4.担保として譲渡される又は留保される所有権の承認     a. 担保として譲渡される所有権は、これを認める〔規定を置く〕に止めた     b. 担保として留保される所有権については全面的に規定を置いた   C〔Bの誤りか?〕.不動産についての担保(第2-2章)    1.不動産質=賃貸借(antichrèse-bail)の公認    2.抵当権の現代化     a. 不動産特別先取特権を特別法定抵当権によって置き換えること     b.約定抵当権の制度を現実に適合化させること     c. 約定の充塡可能な抵当権及び約定のリバース抵当権を創設すること     d.抵当権を主たる権原で移転する方法を承認すること e.抵当権の実行方法を簡易化すること

There are no comments yet on this publication. Be the first to share your thoughts.