Affordable Access

『ショア』を相続する ―パトリス・マニグリエとクロード・ランズマン―

Authors
  • 尚之, 小山
  • koyama, naoyuki
Publication Date
Feb 28, 2019
Source
Open Access Collection of International and Scholarly Papers
Keywords
Language
Japanese
License
Unknown
External links

Abstract

本稿は、二〇一八年三月に行われた、パトリス・マニグリエと『クリティック』のメンバーとの間の対談を翻訳したものである。マニグリエによれば、『ショア』はドキュメンタリー映画ではないし、記憶、証言、痕跡の映画でもない。それは「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」という「こと」に肉体を与えようとする試みである。その肉体は、証言者たちの無意識的な声の震え、表情の歪み、しぐさなどを通して、不意に噴出する受肉から成る。またこの映画は「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」を過去に関わるものとしてでなく、いま現在の我々の世界に関わるものとして表象している。サルトルと『レ・タン・モデルヌ』が残した遺産は、マニグリエによると、前もって定まった政治的・道徳的見通しなしに、出来事の内部に具体的に沈潜するという方法である。『レ・タン・モデルヌ』は世界を把握することを夢見、『クリティック』は純粋な知に賭けている。しかしマニグリエはこのような対立に不満を抱いており、哲学的概念を出来事の単独性によって検証するというやり方によって、このような対立が乗り越えられるのではと考えている。 / This article is a translation into Japanese of the dialogue between Patrice Maniglier and the members of the magazine Critique, which took place in March 2018. According to Maniglier, Shoah is not a documentary film neither that of memory, testimony nor trace. It attempts to give body to a thing which is the “extermination of the Jew in Europe”. Its body consists of incarnations which appear unexpectedly through unconscious trembling of voice, distortion of face and gesture. This film does not concern the past but the present world in which we live. One of the legacies which Sartre and Les Temps modernes left is the method of plunging concretely into events without any predeterminded political or moral perspective. One may say that Les Temps modernes dreams of catching the world itself and Critique bets on the knowledge. But Maniglier is discontented with the opposition between them. By means of checking philosophical notions through singularity of events, he thinks that we can surpass such opposition. / 東京海洋大学学術研究院海洋政策文化学部門 / Department of Marine Policy and Culture, Tokyo University of Marine Science and Technology (TUMSAT)

Report this publication

Statistics

Seen <100 times